セビージャ会長、エンゾンジの移籍に「扉は閉ざさない」 | ユベントス・ジャーナル

セビージャ会長、エンゾンジの移籍に「扉は閉ざさない」

image@Alamy

残す問題は金銭面のみ

セビージャのホセ・カストロ会長が、MFスティーブン・エンゾンジの移籍について、肯定的な発言をしたことを『FootballITALIA』が伝えた。

エンゾンジの契約解除金は4000万ユーロに設定されているようだが、ユベントスは3000万ユーロに下げるよう交渉していたが、セビージャ側に減額するつもりはないようだ。

「ユベントスへの扉を閉ざすつもりはない。しかし、エンゾンジと契約解除条項の件で話し合ってはないい。我々は利益を得て、現状を打開したいと思っている」

ユベントスが4000万ユーロを準備すれば、移籍は確実かと思われるが、両者の折り合いはどこでつけられるのだろうか。

Share Button