プヤカ、代表戦で左膝を負傷 | ユベントス・ジャーナル

プヤカ、代表戦で左膝を負傷

プヤカ、代表戦で左膝を負傷

image@La Gazzetta dello Sport

怪我の度合いはいかに

ユベントスのMFマルコ・プヤカが、クロアチア代表として出場したエストニア戦にて、左膝(ひざ)を捻挫したようだ。

65分に相手からボールを奪おうと、プレスをかけているとき、左足を大きく前に出したが、バランスを崩し転倒した。そのまま起き上がれずに担架で運ばれ、ピッチを後にした。

『Football ITALIA』が報じるには、おそらく左膝の捻挫で、靭帯への影響があるかは、まだ分からない模様。

ユベントスとしては、これからナポリとの連戦やCLバルセロナ戦を控えているため、プヤカが長期離脱となれば、大きな打撃を受けることになる。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 前十字靭帯断裂のようですね。ただでも過密日程で、ローテーションを使いざるおえないの時なのに、ピッチャがいないのは痛いですね。これで3-5-2の併用は決まりですね。レミナ、ストラーロ、マルキージオが本当に頑張ってくれないと困りますね。個人的にはケーンに期待です。若手の起用に消極的なアレッグリでも、今の台所事情を考えるとある程度使いざるおえないと、思うのでケーンに期待です。更に言うと、嬉しい誤算を起こしてほしいです。ちょっと良いニュースがないので、ディバラ、サンドロ、アレッグリあたりの契約延長のニュースを聞きたいですね。逆に団結力を高める良い機会ですし、高められれば強いと思います。

    0

  • 単なる捻挫であって欲しいけど。もし離脱となればモイーズキーンに期待します。

    0