ユベントス・ジャーナル – ユベントスの”今”を伝える » エヴラ代理人が1月の移籍をほのめかす

エヴラ代理人が1月の移籍をほのめかす

エヴラ代理人が1月の移籍をほのめかす

image@www.dailystar.co.uk

やはり今冬に移籍か

ユベントスのDFパトリス・エヴラ(35)の代理人が、同選手の1月の移籍が濃厚であることを認めた。

エヴラは古巣であるマンチェスター・Uやバレンシアなどへ、今冬に移籍することが濃厚視されており、ユベントスとの契約も今季で満了となる。しかし、左サイドの選手が少ないことから、クラブは今季終了までエヴラの残留を希望しているようだったが、先日のボローニャ戦や明日のアタランタ戦に招集されていないことから、移籍が濃厚視されている。

エヴラの代理人の発言を『Juvenews.eu』が報じた。

「ユベントスとはまだ話をしていないが、彼はおそらく1月に去ることになる。」

今のところ、バレンシアが現実的なオファーを出しているとされており、ウエストハムもエヴラに興味を持っているようだ。エヴラの代わりの選手として、シャルケのDFセアド・コラシナツ(23)とミランのDFマッティア・デ・シリオ(24)の名が挙がっている。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ベテランなのでピッチの外での影響も大きいと思うので居てほしいですが、もうその気ならしょうがないですね。また、コラシナツを今取って使えば夏にはちゃんと計算出来るのでその点は良いですよね。
    冬は、コラシナツ。夏は、デ シリオが理想ですね。ディフェンスラインは、高齢なので少しずつ若くて良い選手を取って若返りを図りたいですね。

    • そうですよね
      ピッチ外での影響が大きいので満了までいて欲しい気持ちが大きいです。

      ミランがデ・シリオを手放すようには思えませんが、獲得できれば理想的ですね!

    • コーチとしてですか
      本人がフロント入りを望んでいるのなら、焦らなくても満了までユベントスで良い気がしますね。