ディバラがPSGではなくユベントスを選んだ理由とは | ユベントス・ジャーナル

ディバラがPSGではなくユベントスを選んだ理由とは

ディバラがPSGではなくユベントスを選んだ理由とは

image@ESPN FC

フランス紙がPSGのブランド力を指摘

ユベントスのFWパウロ・ディバラは、2015年の夏にPSGからのオファーを蹴り、パレルモからユベントスへ4000万ユーロで移籍したと『L’Équipe』が伝えた。

同フランス紙によると、PSGがまだ欧州の舞台で結果を残せていないことが起因し、ディバラはPSGのオファーを蹴ったようだ。

同様に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマール、ロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤン、ケヴィン・デブライネ、ウスマン・デンベレのようなスター選手に対し、これまで度々PSGへの移籍話が飛び交っていたが、実際に加入した選手は誰もいない、と『L’Équipe』はPSGがブランド力に欠けていることを指摘した。

確かに資金力は世界トップクラスだが、ユベントスやバルセロナ、レアル・マドリード、バイエルンがこれまで築いてきた実績には明らかに劣る。また、リーグアンは他のリーグに比べ、競争力が劣っているように見えることも、スター選手の大半がフランスでプレーしない理由の一つ、と同紙が追記している。

イタリアリーグで今、最も市場価値が高い選手の1人はディバラと言えるだろう。だが、ディバラ自身が「デル・ピエロやピルロに憧れて育った。(デル・ピエロやブッフォンを例に挙げて)20年間も同じユニフォームを着てクラブの象徴になるなんて素晴らしいことだ。」と述べていることから、ユベントスのレジェンド達を心から尊敬し、自ら望んでこのクラブに来たのだろう。

事実、パレルモ在籍時にユベントスからオファーがきたことを知って「私の考えは直ぐに決まった。夢を叶えるためにユベントスへ行きたい。」と移籍後に述べていた。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ディバラ最高!
    ユーヴェの至宝、宝石として輝き続けてくれ!

  • マロッタになってから今まで2000万以下の買い物しかしてないので
    高すぎとおもってた。似たような立場のイトルベが大コケしてたし。
    今は4000万でも安かったとおもえるほどの依存度。
    故障さえなんとかなければメッシクリロナらと同じ次元までのびるんじゃないのか
    まずはピークすぎたロッベンリベリーを抜きグリーズマンやネイマールに並んでくれ

  • ディバラ1ヶ月以上休んでるいたので、これからフル稼働してほしいです。シーズンオフまでハイパフォーマンスを見せてほしいです。イグアイン共にね。

    • 昨シーズンも故障があったので、癖にならないか不安なところですね…。ただ、これまでのディバラを見ると、モチベーションは常に高いと思うので十分期待できますね!