ユベントス・ジャーナル – ユベントスの”今”を伝える » ユベントス、首位奪還。16歳のキーン出場

ユベントス、首位奪還。16歳のキーン出場

ユベントス、首位奪還。16歳のキーン出場

image@WebDigital

セビージャを3-1で撃破

グループステージの首位突破を目指すユベントスは、セビージャとの直接対決である今節は、必ず勝利したいところであった。しかし、イグアインがペスカーラ戦で左大腿筋を負傷。FWがマンジュキッチと16歳のキーンだけになってしまい、不慣れな4-3-3で挑むことになった。

不安は的中。開始して僅か9分でセビージャに得点を許し、ピッチは悪い空気へ。危険なシーンが続き、このまま崩れていくのではないかと思われたが、36分にフランコ・バスケスが2枚目のイエローで退場し数的有利に。45分にはボヌッチが得たPKをマルキージオがきっちりと決め、前半を1-1で折り返した。

この時の判定に納得のいかないセビージャのサンパオリ監督が、後半に猛抗議を行い退場処分を受ける。バスケスと指揮官を失いつつもゴールを目指すが、ゲームプランを無くしたセビージャに勝機は訪れなかった。

84分にボヌッチがエリア外から勢いよくミドルシュートを放ち、2-1と逆転。そして94分にカウンターからマンジュキッチが決勝点を決め3-1で勝利した。セビージャの自滅要素も大きいが、FW不足であり、不慣れなシステムの中、首位を奪還できたことは非常にポジティブな成果だ。

また1-1の同点であった84分に、ピアニッチに代わり、期待の新星キーンが出場している。これにより2000年生まれの選手として、史上初のUCL出場選手になった。

Share Button

  【Related News】

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 試合前からユベントスサポーターがセビージャのサポーターに刺されるという事件があり急遽UEFAから危険試合に指定されたことからも試合とは言えない状態での勝利は大きい。キーンは少ないプレー時間のなかで得点に絡んでるし、ピアッツァ同様に少ないチャンスでもプレーの要所で期待が持てるものが。この試合状態でキーンは状況判断ミス、ストゥラーロはパスミスを責めるのは少し酷かもしれませんが、それを乗り越えてもらいたいです。
    個人的にですが、リヨン戦で退場したレミナはその試合以降出てないのは序列が落ちたんですかね。たぶんレミナが出てもパスミスや状況判断ミスをした気もしますが、3人とも若い選手なのでこれも一つの経験として成長してもらいたいです。

    • 16歳のキーンはともかく、A代表でもあるストゥラーロの最近の出来はあまりにも酷い。セビージャ戦でも何でもないところでタッチミスし、ピンチ招いてたし、リーグ戦でもいつだったか、普通にトラップしたボールの行方が分からなくなり右往左往してて、何やってんの?って感じだったし。

    • 個人的になんですが、ブッフォンにCLを獲らしたい一心でピークの選手を買うか、その後を見据えて徐々に世代交代させるかでレミナ、ストゥラーロの去就も決まると思います。マンドラゴラ、ベンタクールの出来次第でレミナ、ストゥラーロは放出でしょうね。話が変わりますがベラルディの本人の意思で残ったとは言え結果論ですが現状FWはマンジュキッチのみベラルディはユベントスに来てもチャンスがもらえたのではないかと思いますが。気性が激しいらしいですが…。キーンは代理人がライオラ氏なのでピークの時にユベントスにいるか…。

  • アトランタ戦で試運転。
    ディナモザグレブ戦でスタメンが望ましいですが、まだシーズン長いので無理はしないで、欲しいですね。

  • どんな形でも勝てたのは、良かったですね!次に大切なのはディナモザグレブ戦で取りこぼししないことですね。

    ただ、内容は芳しくなかったので改善の余地がありますね。私的にはジェノア戦はスタメンでキーンを使っても良いと思うし、面白いと思うし、見たいです。そうすれば、マンジュキィチを休ますしね。イグアインの怪我の全治が分からないのでマンジュキィチも大切にしたいです。

    あと、ディバラはいつ頃帰ってくるのでしょうか?

    • ディバラは今のところアタランタ戦に間に合うかどうか、という具合だったと思います

  • ディバラとイグアインいなくてよくかてな。よくてドローかなと思った。アレグリ最後の交代采配完璧。一月の補強がいいのとれたらマジ優勝あるぞ。イタリアユーロよかったらセリエaも乗ってきてる