欧州最高のアタック力を持つクラブは… | ユベントス・ジャーナル

欧州最高のアタック力を持つクラブは…

欧州最高のアタック力を持つクラブは…

image@http://www.fourfourtwo.com/

欧州制覇の期待がかかるユベントス

9月15日にCL第一戦を控えているユベントス。今夏のマーケットではビッグネームの獲得に成功していることから欧州制覇がユベントスの目標であるとされているが、どのチームが欧州で最高の攻撃力を持っているか『FourFourTwo』が各チームの(今季起用された)イレブンを比較した。(ユベントス・ジャーナルでは『FourFourTwo』が挙げた一部を抜粋)

▼ユベントス

492
サッスオーロ戦のメンバーとなっているが、そこで2ゴールを記録したゴンサロ・イグアインと、アルゼンチン代表となったパウロ・ディバラが中心となるだろう。9000万ユーロの男は、大きな期待に応えることができるだろうか。

▼バルセロナ

493
先日のアスレチック・ビルバオ戦のスターティングメンバーとなっているが、アルダ・トゥランの代わりにネイマールを加えた形がベストだろう。これまでチャンピオンズリーグで83ゴールをあげているリオネル・メッシと、16ゴールのルイス・スアレス、そしてネイマールが形成する攻撃陣に、かつてのユベントスも苦戦を強いられた。

▼レアル・マドリード

494
オサスナ戦でのメンバーになっており、チャンピオンズリーグで95ゴールをあげているクリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイル、そしてユベントスから移籍したアルバロ・モラタが形成する攻撃陣をもつレアルは、史上初の欧州2連覇を目指している。

▼バイエルン

495
アリエン・ロッベンはまだ負傷しているものの、エースのレバンドフスキに加え、ドグラス・コスタやキングスレー・コマンといったオプションを有するバイエルンは今季も勝ちあがってくるだろう。

▼アトレティコ・マドリード

496
レアルやバルサと共にスペインのトップクラブであるアトレティコ。昨年はレアルとCLの決勝を戦い、惜しくもPKで敗れてしまったが、EURO2016で大活躍をしていたグリーズマンを有するアトレティコは、今季もユベントスにとって強力なライバルと言える。

▼PSG

497
今夏に王様イブラヒモビッチが抜けたPSG。新エースとなったカバーニは、セリエAで活躍していた時のように、ゴールを量産することができるのだろうか。

▼マンチェスター・C

498
CLグループステージで、またもバルセロナと同組に入ったシティ。今季から指揮をするグアルディオラは、どのような試合を見せてくれるのだろうか。注目が集まるチームの一つだ。

 

▼レスター・シティ

499
中盤で圧倒的な能力を発揮していたカンテが、今夏チェルシーに移籍してしまったが、絶対的エースのジェイミー・ヴァ―ディーやドリンクウォーター、そして岡崎慎司が奮闘するイングランド王者は、欧州の舞台でも輝けるだろうか。

いずれも直近の試合メンバーとなっているため、必ずしもベストメンバーというワケではないが、やはりレアルやバルサ、バイエルンは強力なアタッカーを有している。とはいえ、特にレアルやバイエルンは、ユベントスが脅威的なチームであることを近年のCLで重々に理解したことだろう。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • とうとう始まりますねー!
    レミナも調子良いですし、グループステージは危なげなく突破して欲しいです。

    0