ユベントス・ジャーナル – ユベントスの”今”を伝える » カセレス代理人「処分の重さに驚いている」

カセレス代理人「処分の重さに驚いている」

135

クラブはカセレスをファースト・チームから除外

ユベントスのDFマルティン・カセレスが飲酒運転により交通事故を起こしてしまった。それに対しクラブは声明を発表し、カセレスに対し一時的なファースト・チームからの除外と罰金の処分を下している。

クラブの処分に対し、同選手の代理人は驚きを隠せないようだ。

カセレスと同じウルグアイ人であり、元ユベントスの選手であったダニエル・フォンセカとカセレスの代理人が『Sky Sport Italia』でコメントを残した。

「これまでのマルティンは飲酒運転などしなかったし、彼はそんなことをしないとみんな思っているはずだ。だが、今回の彼は失敗だったよ。マルティンがタクシーを利用していれば、こんな結末にはならなかっただろう。彼は反省しているか?彼は非常に落ち込んでいるよ。彼は馬鹿じゃないが、この問題は解決しなければならない。」

「カセレスはクラブが下したファースト・チームからの除外という処分に驚いているよ。でも、クラブとしても処分は下さなければならない。彼はこれからもユベントスのユニフォームを愛し続けるだろうし、もう二度と同じミスはしない。」

カセレスは昨年も自動車事故を起こしており、それが今回の処分をより重くした理由にもなっているだろう。

Share Button

  【Related News】