ユベントス・ジャーナル – ユベントスの”今”を伝える » カセレス、飲酒運転により登録除外処分を受ける

カセレス、飲酒運転により登録除外処分を受ける

132

クラブが公式声明を発表

ユベントスのDFマルティン・カセレスが飲酒運転により交通事故を起こしてしまった。それに対しクラブは声明を発表し、カセレスに対し処分を下している。

カセレスは、28日から29日の夜にかけて、飲酒運転を行い自身が運転するフェラーリでバス停に突っ込んだようだ。幸い負傷者はおらず、選手本人も大した怪我はなかった模様。しかし、過去数年のうちにも自動車事故を起こしており、クラブはこれに対し選手をファーストチームから外し、罰金処分としている。

ユベントスは公式声明として以下のように発表した。

「9月28日の夜に起こしたマルティン・カセレスの事故は、クラブのイメージを損害しただけではなく、ユベントスのプレイヤーとして非常に重い責任違反を起こした。これに対し、クラブは当選手に罰金と懲戒処分を行うこととし、一時的にファースト・チームから除外することとする。」

サッカー選手云々ではなく、人としてあるまじき行為をしたカセレスをクラブは声明をあげて処分したようだ。ユベントスの選手に限らず、今後このような事故が起きないことを願う。

Share Button

  【Related News】