コラム:世に知らしめたユベントスの移籍 | ユベントス・ジャーナル

コラム:世に知らしめたユベントスの移籍

021

 この男の顔を知らなくても、この男の手がけた“仕事”はサッカー界にひろく知れ渡っている。このイタリア人の“お眼鏡”にかかったMFジネディーヌ・ジダン、MFパヴェル・ネドベド、FWズラタン・イブラヒモヴィッチなどはユベントスを通じてスターダムにのし上がっていった。

 1984年、MFディエゴ・マラドーナの移籍で名声をえる。バルセロナからこれから入団するナポリのことをまったく知らせずにイタリアに向かわせたのだ。7万5000人の超満員になったサン・パオロにヘリコプターで降り立つ入団会見をプロデュースする。当時から絶大な人気があったマラドーナの加入にナポリのティフォージたちが興奮しないはずがない。

 ところが、初のキャンプの際にマラドーナは異変に気づく。チームメイトのプレーぶりを見て「昨シーズン何位で終えたの?」と、聞いたという。

 当時のナポリは降格圏を争うチームだったのだ。つまり、マラドーナはほぼ騙されてナポリに連れて来られたのだ。そのチームに初のスクデットをはじめ数々のタイトルをもたらしたことなどが、マラドーナが現在でも神格化される理由の一つだろう。

022

 この不出世の天才をイタリアの下位チームに移籍させた人物は1994年にユベントスのGM(ゼネラルマネージャー)に就任。ユベントスに数多のスタープレイヤーを移籍させ、良くも悪くもビアンコネーロを有名にさせたルチアーノ・モッジその人だ。

 「俺は今まで補強で失敗したことがない」と現在でも豪語し、「ユーヴェではわがままは許されない」というクラブのポリシーを最優先に在任中のメルカートを牛耳った。わがままを言ってディディエ・デシャンは追い返され、クリスティアン・ビエリも同様に追い払われた。ちなみにビエリを移籍させ水面下でFWフィリッポ・インザーギを確保している。メルカートの鉄則を決して忘れない仕事人だった。

 特筆すべきは、ほぼ無名のジダンを世界最高の選手に変えた先見性だろう。1996年にボルドーから3億円で買い、2001年にレアル・マドリーに90億円で売ったニュースはユベントスの買い物上手を世に知らしめた。

 ジダンに確かな才能があったのは間違いないが、入団時にまったくと言っていいほどフィットしなかったフランス人にマルチェロ・リッピはさじを投げかけたが、「使い続けろ」と指示したのは他でもないモッジだった。ちなみにリッピの才能を見出したのもこの男。

 その時代を知るアントニオ・コンテがチームを率いていたとき、MFクラウディオ・マルキージオをベンチに座らせてまでMFポール・ポグバを先発させ育てたとき、ジダンと重ねてみたユベンティーノも少なくはないだろう。実際、ポグバはレジスタの位置からセントラルMFに“移動”すると、ここから怪物ぶりを披露し始めたのは周知のとおりだ。

 パヴェル・ネドベド入団のときはより鮮烈だ。

 当時ラツィアーレから絶大な支持があったチェコ人を「とにかく我々の誠意を見にトリノまで来てくれ」と訴えた。プライベートジェットまで用意した極秘の訪問だったはずが、モッジ自らがマスコミをかき集め、タラップから降りてくる瞬間を狙わせた。

 卑劣極まりないやり口だが、「俺のお陰でバロンドールを獲れた」と素知らぬ顔を現在でも貫きとおしている。

 卑劣で冷徹だったかもしれないが、チームのポリシーを守り、伸びる選手とフィットする選手の見極めが桁外れだったのは手がけた仕事によって証明されている。ひょっとしたらモッジほどのGMは、今後のサッカー界に現れないかもしれない。

 そんなモッジは「テベスが去るのならカバーニを獲れ」と進言している。

 選手を移籍させるなら同等の選手を獲得する、というのはメルカートの鉄則だ。ここまで積極的に夏のメルカートで成果をあげているユベントスだが、獲得した選手たちがフィットする保証はない。

 現GMを務めるジュゼッペ・マロッタは“先輩”のモッジほどの派手さはないが、手堅い補強で現在のユベントスを作った一人だ。コンテをユベントスに招き、現在のサイクルの礎を作ったのを忘れてはならない。

著者/Juventus Journal 編集部 山口 努

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • とても人柄で口説くタイプには見えないからよほど交渉力があるんでしょうねぇ。
    昨季の成績も知らないチームに移籍を決めて、優勝させちゃうマラドーナもおかしいけど(笑)

    0

  • マラドーナがセリエに来た時はまだほんの子どもでしたが、
    父親がうるさかったのを覚えています

    0