アッレグリ、ファルカオに関して後悔していないと語る | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ、ファルカオに関して後悔していないと語る

img7.jpg
今夏の移籍マーケットで、ユベントスが補強を目指していたと思われるFWラダメル・ファルカオ。ファルカオの父も、今夏オファーが届いたクラブを語る中でユベントスの名を挙げていることでその信憑性は高まっている。しかし、最終的には、レンタル料600万ポンド、買い取りオプションを行使する場合には4350万ポンドの移籍金を要する内容で、モナコからマンチェスターUへの移籍が決定した。
ユベントスのファルカオ獲得失敗に対し、アッレグリ監督は後悔はしていないと語ったようだ。『Tribal Football』が報じている。
「ファルカオ獲得失敗に関して残念とは思っていない。今のチームは非常に上手くやっている。チームのクオリティを高める選手の獲得が可能だとしても、現在のチームで十分強いよ。問題ない。」
ユベントスがファルカオ獲得を狙っていたとすると、巨額の投資が必要となったわけだが、マンチェスターUが望んでいたヴィダルがその交渉に盛り込まれた可能性も考えられる。今夏のマーケットは閉幕したが、ヴィダルに関しては今後のマーケットにも注目が集まりそうだ。

Share Button