A・ゴメス、バルサ退団がほぼ確実に | ユベントス・ジャーナル

A・ゴメス、バルサ退団がほぼ確実に

image@libero.pe

移籍先はユーベ含むセリエAのクラブが濃厚か

バルセロナのMFアンドレ・ゴメス(24)は今夏にクラブを退団し、セリエAに活躍の場を求めることが濃厚となっているようだ。13日、スペイン紙『Mundo Deportivo』が伝えている。

同紙によると、バルサを率いるエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっているA・ゴメスは、アスルグラナ(バルセロナの愛称)を離れることがほぼ確定したという。

このポルトガル代表MFは、来シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)に出場するクラブへの移籍を志願。

すでにクラブ側が、同選手の獲得に興味を示しているユベントスやナポリ、ラツィオといったセリエAの複数クラブとの交渉をスタートさせたとも伝えられている。

またバルセロナは、今夏にユベントスのMFミラレム・ピアニッチ(28)やラツィオのMFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ(23)を獲得候補にリストアップ。

A・ゴメス放出で得られる移籍金3000万ユーロ(約39億円)を中盤センターを本職とするワールドクラスの獲得資金につぎ込むとの見方が強まっているようだ。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。