移籍が噂されたアッレグリ「私の心が揺らぐことはなかった」 | ユベントス・ジャーナル

移籍が噂されたアッレグリ「私の心が揺らぐことはなかった」

image@sport.sky.it

レアル・マドリーとチェルシーからの勧誘を暴露

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリは、今シーズン終了後にささやかれた移籍の“噂”について言及した。

イタリア紙『TUTTO SPORT』は13日、この敏腕指揮官のコメントを伝えている。

「レアル・マドリー? (フロレンティーノ)ペレス会長とは確かに話した。だが、私はユベントスに残ることを決めていたんだ」

「誰かに促されたか? いや、自分の意志だ。(アンドレア)アニェッリ会長とも話した。だが、ユベントスに残ることを決めていたし、現在でもそれが正しい決断だったと思っている」

「アニェッリ会長は、私の決断を尊重してくれた」と相思相愛の関係性を口にした。

「ペレス会長にも、レアル・マドリーを率いるチャンスを与えてくれたことに感謝している」と誠実な人間性を示している。

「チェルシー? 彼らとも話した。だが私の心が揺らぐことはなかった」とユベントスへの忠誠を心に誓っていたようだ。

スクデット7連覇。コッパ・イタリア4連覇。監督就任以来、クラブレコードを次々と更新するアッレグリは、より高みを目指している。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 恐らく、レアルやチェルシーからはユベントスより遥かにいいサラリーを提示されたはずなのに残留してくれるとは、本当に感謝

    1+

  • アッレグリはユーベでCL(スクテッド、カップ合わせて3冠)を取りたいのが凄く伝わってくる!来シーズンこそはお願いします!

    5+

  • ユーヴェでで三冠狙いましょう!
    今のユーヴェとアッレグリなら可能だと思ってます。

    5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。