ストゥラーロ代理人「90%ユベントスに残る」 | ユベントス・ジャーナル

ストゥラーロ代理人「90%ユベントスに残る」

image@tuttosport.com

「ユベントスを去るときは、イタリアに残るのは難しい」

ユベントスのMFステファノ・ストゥラーロ(25)は、来季もクラブに残ることを決心しているようだ。7日、イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』などの主要メディアが報じた。

同選手の代理人を務めるカルロ・ヴォルピ氏は『ilbianconero』の取材に対し、「ストゥラーロは90%ユベントスに残る」と明かしている。

さらに同氏は「カルチョメルカート(イタリアの移籍市場)は常に進展しており、他の選手の到着により新たな論議を生むだろう。しかし、クラブや監督はあらゆる機会があることを彼に証明し続けており、それが自信に繋がる根拠だ」とチームからの信頼があることを語った。

現時点で、ユベントスとストゥラーロの契約は2021年6月末までとなっている。そのことについては「3年後には他のチームを探すように提案を受けた」とも話す。

しかし「ユベントスから去らなければならない場合、イタリアに残るのは難しい。それはステップバックを意味することになるからね」と移籍先を国内にするつもりはないようだ。

また、「彼のスタイルに適したのはイングランドだが、スペインから大きな関心が寄せられている」とリーガのクラブからのオファーがあることを明かしている。

2018/19シーズンもビアンコネーロのユニフォームでプレーすることが濃厚なストゥラーロ。2017/18シーズンはわずか19試合の出場に留まったが、新たに迎えるシーズンを飛躍の機会とすることができるだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ストゥラーロはユベントスのレベルには無い・・
    イタリア国内外問わずステップダウンは当然だよ。
    ベンタンクールを序列上にして起用してほしい。

    11+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。