特集:マルキージオ来日、アカデミーの“選手たち”と触れ合う | ユベントス・ジャーナル

特集:マルキージオ来日、アカデミーの“選手たち”と触れ合う

image@JUVENTUS JOURNAL

ビアンコネーロの“プリンチピーノ”来日

ユベントスに所属するMFクラウディオ・マルキージオ(32)が6月1日「ユベントスアカデミー東京」が主催するサッカークリニックに登場した。

会場となった東京都江東区豊洲のフットボール複合施設「MIFA Football Park」には、アカデミー会員限定の幼児(年中)から小学6年生までの約40人の少年少女が参加。

お目当てのマルキージオが会場に到着すると、どよめきをもって迎えられた。車から降りると多くのユベンティーニから囲まれるも、サインや写真応対にも気さくに応じ、人間性の高さを披露。

トレーニングウェアに着替え、ピッチに降り立つとスクデット獲得のセレモニーさながらに子どもたちに歓迎される。

image@JUVENTUS JOURNAL

クリニックの前にマルキージオは豪快なシュートを披露。集まった“選手たち”は喜びをみせ、同選手も「今日はみんなビアンコネーロだね。とてもかっこいいよ」と笑顔を送った。

ユベントス一筋の同選手にとって、異国の地で白と黒で身をかためた様子に意気揚々とした表情をみせている。

1 2 3 4
Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 子供たち羨ましい!私も参加したい!GKマルキージオに向かってシュートを放つなんて、とっても貴重な体験!きっと忘れられない思い出になるでしょうね。

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。