ビダル、イタリアへ。だが行き先は… | ユベントス・ジャーナル

ビダル、イタリアへ。だが行き先は…

image@www.abendzeitung-muenchen.de

アンチェロッティの後を追う

バイエルン・ミュンヘンに所属するMFアルトゥーロ・ビダルは、今シーズン終了後にドイツを離れることを示唆していた。

ユベントス復帰を期待されていたが、その願いは叶えられない可能性が高い。 現地時間23日、イタリア紙『Corriere dello Sport』とドイツ紙『kicker』が伝えている。

同日、ユベントスの次期監督就任を噂されていたカルロ・アンチェロッティがナポリの新監督に就任が各メディアによって発表された。

ビダルは自身のSNSで家族とイタリア行きの飛行機に乗り込む写真を掲載。だが、その行き先はトリノがある北イタリアではなく、ナポリがある南イタリアのようだ。

バイエルンで共に戦った両者の関係はいまだ良好の関係にあり、アンチェロッティは新チームの柱にビダルを据えたい意向を各メディアは伝えている。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 心配は全くありませんね。

    自分のチームがベスト4をかけて戦っているのに、それと同じくしてユベントスにもあんなに声援を送ってくれていた、あのビダルが裏切るわけがない。

    それにアンチェロッティとそんなに仲は良くなかったはずでは、?

    13+