伊メディア「ペリン加入は“秒読み”か」 | ユベントス・ジャーナル

伊メディア「ペリン加入は“秒読み”か」

image@ForzAzzurri.net

マンドラゴラを契約に含ませる可能性も

ユベントスはGKジャンルイジ・ブッフォンの退団に備え、ジェノアに所属するGKマッティア・ペリンを狙っていたのは周知の事実となっている。この才能の獲得が近づいているようだ。21日、イタリアメディア『calciomercato.com』が伝えている。

現在25歳のペリンは、国内外のビッグクラブから狙われている才能だ。同メディアは「ビアンコネーロとペリンはすでに合意に達している」と報じ、残るミッションはジェノアの会長エンリコ・プレツィオージを納得させるだけのようだ。

ユベントスは、ジェノアとペリンとの契約が2019年夏に切れるため、1000万ユーロの5年契約を提示している。しかし、プレツィオージ会長は2000万ユーロを要求しているようだ。

両者との「差」を埋めるべく、2016年にジェノアのプリマベーラで育ち、現在はビアンコネーロに所属するMFロランド・マンドラゴラ(20)を契約に盛り込む可能性も視野に入れている。

同メディアは「ユベントスはリバプールのMFエムレ・ジャンにつづき2人目の加入が近づいている」と締めくくっている。

また、本日付けのイタリア紙『TUTTO SPORT』は一面にペリンの写真を掲載し「準備万端!」と報じている。

明日、ユベントスとジェノアの経営陣はジェノバで会談を行う予定となっている。話が順調に進めば、今夏の補強第1号はペリンになる可能性が高い。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 複数タイトル獲ろうと思えば優秀なGK2人を揃えるのは大事。今までもストラーリ、ネト、そして今季はシュチェスニーがいたからカップ戦も取れて4年連続2冠達成に繫がってる面は大いにあると思う。
    ジジの退団である意味聖域がなくなったから、競争で勝ち取るという点でも良いかも。
    ペリンもアッズーリ次世代期待の選手だから、来てくれると嬉しい。怪我がちなのが不安要素だけど。

    3+

  • こういうところに細かくお金を使って、サビッチみたいなところに金が回らなくなるのやめてくれないかなー。
    スチェスニー とピンソーリオで十分じゃん。

    8+

  • それより守備陣のクオリティ低下が深刻なのでどうにかしてほしい

    7+

  • ジャンがフリーで9割決まったからこその贅沢な補強って感じですかね。
    ブッフォンの後釜というプレッシャーをシュチェスニーとペリンで分散させる目的もあるのでしょうか。
    シュチェスニーからしたら思わぬ試練かもしれませんが、二人で切磋琢磨しながら頑張って欲しいですね。

    21+