ブッフォン、リヒトシュタイナーが勝利で有終の美を飾る | ユベントス・ジャーナル

ブッフォン、リヒトシュタイナーが勝利で有終の美を飾る

image@Twitter

ユベントスはセリエA最終節のヴェローナ戦で2-1と勝利をおさめた。

今節を最後にビアンコネーロのユニフォームを脱ぐことが決まっているGKブッフォンとDFリヒトシュタイナーを含め、以下の先発メンバーで挑んだ。
GK:ブッフォン
DF:リヒトシュタイナー、バルザーリ、ルガーニ、サンドロ
MF:ストゥラーロ、ピアニッチ、マルキージオ
FW:ディバラ、マンジュキッチ、D・コスタ

公式戦54試合で52通り目の先発布陣を敷いたユベントスは、来季のユニフォームを着て試合に挑んだ。

左肩の辺りに『#UN1CO(おそらくオンリーワンの意)』と書かれたユニフォームで、試合を進めるビアンコネーロは、16分にエリア内でシュートを放たれるもブッフォンの好セーブでピンチを逃れる。

24分には、ドウグラス・コスタの個人技で突破し、マンジュキッチへのクロスが通ったが、クロアチア代表FWのヘディングはキーパー正面に飛び、チャンスをものにできず。

アクティブに走り回ったストゥラーロを44分に下げ、期待の新星MFベンタンクールを投入。

4日間の休暇明けとなるユベントスの選手たちは、徐々にペースを上げ攻勢を強めたが、前半をスコアレスで終えた。

1 2
Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ジジおつかれ様でした!感動的だった。
    ジジがカメラに抜かれてるときいつもニコニコしててほっこりした(笑)

    試合内容はストゥラーロのやる気のなさだけはただただ残念だったけどアレグリが即交代してくれてGJだった。

    8+