ユーベ、バルサのカンテラから新鋭FW獲得へ | ユベントス・ジャーナル

ユーベ、バルサのカンテラから新鋭FW獲得へ

image@www.mundodeportivo.com

今季リーグ得点王に輝く

ユベントスはバルセロナのFWパブロ・モレノ(16)の獲得に向けた動きを本格化させているようだ。17日、スペイン紙『Sport』がこれを報じている。

「9」番を本職とするこの新鋭ストライカーはカンテラの中でも15~16歳が主に所属するカデーテAで今季、リーグトップである31ゴールを叩き出し、早くも頭角を現している。

ただこのモレノとクラブの契約が今年6月末で切れるものの、本人は契約延長のオファーを拒否したようだ。

ユベントスは以前から同選手の能力を高く評価しており、獲得に向けてバルセロナに接触を図った模様。

またこのカタルーニャのクラブに対して誠意を見せるべく、フリーではなく現行の契約に盛り込まれている契約解除金300万ユーロ全額を支払う意向を示したものとみられる。

なおイタリアでは、イタリアサッカー連盟(FIGC)来季からレガ・プロ(3部)におけるBチーム参入を許可する方針を打ち出しており、将来を嘱望(しょくぼう)されている“原石”の囲い込みが活発になるかもしれない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • こういう原石が他所のクラブへ流れるのは本来あってはならない。
    今の政権はBチームにも補強して本来育成するはずの選手達を蔑ろにしすぎてる。
    現政権が消えない限り、この流れは止まらないだろうな・・・

    2+

  • >イタリアサッカー連盟(FIGC)来季からレガ・プロ(3部)におけるBチーム参入を許可する方針を打ち出しており

    これなんだよなぁ。
    沢山有望株がいても、それぞれ別の目的のチームにレンタルされるから経験が積めない。
    だから早く実施してほしいし、スペインと同じようにAチームと同じディビジョンには行けないというルールにしてほしい。
    レンタルに出している選手を呼び戻してしっかり試合したらセリエBで十分戦えると思うので。

    9+

  • 残念ながら、他のクラブと比べてユベントスのプリマヴェーラの育成はあまり良くないと思うので、そういった有望株が来てくれるか個人的に疑問ですね

    5+

  • 当記事、トゥットスポルトで見ました。
    未来への投資をするならイタリア人の
    原石を発掘して育てるほうがチームと
    代表の為にも良いと思うけど……。
    もし獲得したら成長過程を見たい。

    5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。