ユベントス、今夏いよいよイタリアの天才司令塔獲得に動く | ユベントス・ジャーナル

ユベントス、今夏いよいよイタリアの天才司令塔獲得に動く

image@KickOff

過去に“ユベントス愛”を語ったイタリア代表MF

ユベントスがその才能を開花させる前から追いつづけた才能がいる。パリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティ(25)だ。ビアンコネーロは今夏、このイタリア代表MF獲得に乗り出すようだ。15日、イタリア紙『Corriere dello sport』が伝えている。

同紙によれば、チームをより高みに上げるべくヴェラッティの獲得に向かう。PSGは昨夏、多額の移籍金を用いFWネイマールやFWキリアン・エムバペなどを獲得。

すべては、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇のための補強だった。同時に移籍金はUEFAからの賞金を目論み、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)回避を狙っていた。

だが、期待された欧州制覇の夢は大会ベスト16で潰えた。“アテ”にしていたほどの賞金は入らず、FFPを守ることができないことは周知の事実となっている。

今夏、PSGは多くの主力を手放すことが既定路線とされており、過去にユベンティーノであることを告白し、“ユベントス愛”を語っていたヴェラッティ獲得も不可能ではないようだ。

同選手は今年3月、イタリアメディア『Rai』に「もしパリを去ることになったら、イタリアへの復帰を検討することになるだろう」とコメントしている。

さらに「ユーベは世界屈指のクラブの一つだ。いつかパリを去らなければならず、(移籍の)可能性があるのならば、自分にとっては何の問題もないよ」とユベントスへの移籍に前向きなコメントを残している。

ヴェラッティはこれまで、毎年のように獲得候補として名前が挙がってきた逸材だ。ユベントスは今夏、長年恋い焦がれつづけた才能を獲得できるのだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 個人的にはヴェラッティよりもエリクセンが欲しいですね。
    中盤の質を高めてくれる存在だと思います。

    0

  • 今季はチケット収入とCL収入で一億程度
    そっから分割費用引いたらいくら残るんでしょう?

    4+

  • ヴェラッティは今更感あるけど、ユヴェンティーノ且つ一応次世代のアッズーリの中盤を担う選手で、今いるデシリオ、スピナッツォーラ、来るかもなペリンの同世代3人と年下のカルダーラ、ルガー二、ベルナルデスキらと代表、ユーベ共に引っ張れたら理想的。

    ただ、本人が現状のパリで満足しちゃってるのがメンタル的に残念。
    あとピャニッチとタイプ被りそうでピャニッチはセットプレーからも得点源になる武器があるから出せないので難しいかな。
    FFP関連で獲得チャンスあるかもしれないけど、
    個人的には高額で誰か一人ビッグネーム獲得ならデカくて強い、上手いセルゲイに投資して欲しいかな。
    今のユーベにいないタイプ。

    9+

  • ピアニッチがアンカーしかパッとしない今、共存のイメージがないかな
    あと、今更感。

    18+

  • PSGに行った時めちゃくちゃガッカリしたのは今となってはいい思い出だなあ

    13+

  • 微妙…
    今のヴェラッティに5000万以上かけるなら1億払ってもイスコ!

    19+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。