チェルシー新監督就任濃厚のサッリ、最初の補強は愛弟子か | ユベントス・ジャーナル

チェルシー新監督就任濃厚のサッリ、最初の補強は愛弟子か

image@AlpeSport – AlpeNews

未だ相思相愛の仲

チェルシーを率いるアントニオ・コンテは、今シーズン終了後にロンドンを去る可能性が高い。次期監督候補には、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリが最有力とされている。

仮に現ナポリ指揮官がチェルシーを率いた場合、最初の補強はFWゴンサロ・イグアインが有力のようだ。13日、イタリア紙『TUTTO SPORT』。14日、イギリス紙『METRO』が伝えている。

イグアインは2015/16シーズン、36得点でセリエA得点王に輝いた。この記録はセリエAの得点記録を66年ぶりに更新する大記録となったのは周知のとおりだ。

その翌シーズン、9000万ユーロを2年間の分割でユベントスに加入。欧州でのタイトル獲得を期待されたが、自身にとって古巣のレアル・マドリー相手に存在感を示せなかった。

このアルゼンチン代表FWのキャリアの中で、最も輝いたナポリ時代の恩師が“ユベントスの”イグアインに目を向けるのは自然の流れだろう。両チームが犬猿の仲なのは誰もが知るところだからだ。

どちらのメディアも「ナポリのティフォージから絶大な信頼を得ているサッリにとって、自身が現在率いているクラブから愛する選手たちを引き抜くのは心が痛いはずだ」と伝えている。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • イグアイン自身もサッリのサッカーが合ってたと思ってるはずだよ。
    あの時のイグアインは本当にすごかった。

    だから、モラタの報道で「(ゴール数などの)数字が悪いから良い移籍とは思えない」と言ってる人は、数字の良かったイグアインがユーベで全く爆発しないことに対してどう思ってるだろうか。

    今のコスタや、クアドラード、ディバラ、マンジュキッチなど、過去に移籍してきた選手たちがこんなにチームにとって超重要な選手になるとは移籍の噂にのぼった段階で誰が予想できたか。

    ユーベの補強には毎年驚かされるから、今年も是非驚かせてもらいたい。それがモラタならどれだけ嬉しいことか。
    ディバラ、モラタの仲良しホットラインが見れたら超幸せw
    ポグバも戻ってきてディバラに「R2!」って言ってる姿も超見たい。
    今年の夏はどうなるか楽しみだ。マジで。

    7+

  • ズラタンもスコアラーとして覚醒しきるまで結構長かった。
    得点王取ったのは今のモラタと同じ年くらい。
    モラタは年齢的にすぐ全盛期になってもおかしくはない。
    同じようにイグアインは年齢的に賞味期限が切れるのはあと1~2年。あるいは0年。
    もったとしてもユーベのビルドアップや戦術では活きない選手なのでトレードできるならいいと思う。
    基本スペックを考慮するとイグアイン+2000~3000万でも取引できたらいいだろうな。

    17+

    • 先日、イブラヒモビッチ、ユーベ加入一年目の試合を見ましたが、ひどかったですね…
      自分の記憶とは大きく異なって、点をとれないどころかボールロストして流れをとめまくって、
      ぜんぜん役に立ておらず、こんなにひどかったのかと思わず笑ってしまいました
      その後、大きく化けたんですね
      ユーベを愛してくれているモラタが来て、ユーベの歴代FWとして名前が残るような活躍をしてくれたら最高ですね

      19+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。