0-0のスコアレスドローに終わるも前人未到の7連覇達成! | ユベントス・ジャーナル

0-0のスコアレスドローに終わるも前人未到の7連覇達成!

image@Twitter

両レジェンドが見守る大一番はスコアレスドロー

セリエA第37節ローマ戦がスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイに乗り込んだユベントスだったが0-0で終了した。

しかし勝ち点「1」を獲得したビアンコネーロが、前人未到のスクデット7連覇を飾った。

この試合でビアンコネーロが勝ち点を確保すれば今シーズンのスクデットが決まる一戦だったが、ホームのローマが攻勢を強める。

開始8分、CBダニエレ・ルガーニのパスを奪われFWエディン・ジェコへ渡る。しかし放たれたシュートは大きく外し、事なきを得る。

つづく10分にも、MFミラレム・ピアニッチがMFラジャ・ナインゴランに奪われ、ゴール前まで運ばれシュートを放たれるが、こちらも枠を大きく外す。

ユベントスが反撃したのは11分、SBマッティア・デ・シリオの縦パスにFWゴンサロ・イグアインが反応。思い切りよく右足を振り抜くが、DFにブロックされる。

つづく15分にはFWパウロ・ディバラがイグアインの縦パスに抜け出すが、呼吸が合わずGKに収まる。その後もローマの強固な守備組織を崩せない。

ミスも重なり、ほぼユベントス陣内で試合を進められるも34分、ディバラがミドルレンジからシュートを放ち反撃を試みる。

この試合、RWGで先発出場を果たしたフェデリコ・ベルナルデスキも38分、思い切りのよいミドルシュートを放ちCKを獲得するなど、強い気持ちをみせる。

しかし44分、SBアレクサンダル・コラロフに鋭いFKを放たれるもサイドネットに終わる。ユベントスとって、ほぼ防戦一方だった45分を象徴する形で前半を終える。

1 2
Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • MY7H!
    コンテがスクデットを取り戻してから今までどこにも渡していないというのはすばらしい!
    次は世代交代とビッグイヤーですね。

    おめでとう!

    4+

  • アッレグリがいなかったら今のユーベはないですね
    コンテとかとは格が違いすぎる

    12+

    • コンテがいなかったら今のユーベ自体があやしいのだが。
      やめ方はひどかったが暗黒時代から助けてくれた恩人にそんな口の利き方するのは恩知らずじゃないですかね?

      16+

  • JUVENTUS CAMPIONI D’ ITALIA
    おめでとう、ユヴェントス
    ありがとう、ユヴェントス

    12+

  • MYTH!!アッレグリ監督、選手、スタッフの皆おめでとー!!次節ホームで祝ってブッフォン最後の試合を勝利で飾りましょう!!

    今節マンジュキッチが中々ボール来ないから相当フラストレーション溜まってて優勝決まっても浮かない感じだったのは気のせいかな、移籍報道も出てるだけ気になった(元々そんなに感情を表に出す選手じゃないけど)

    11+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。