ユーベ、ブッフォンの後任はジェノア主将ペリンか? | ユベントス・ジャーナル

ユーベ、ブッフォンの後任はジェノア主将ペリンか?

image@www.tuttosport.com

1200万ユーロでオファーへ

ユベントスは今夏、ジェノアのGKマッティア・ペリン(25)へのオファーを検討している模様だ。11日、イタリア紙『Corriere della Sera』が報じている。

今季終了後に、ビアンコネーロで17年という長いキャリアに終止符を打つことが濃厚となっている守護神ジャンルイジ・ブッフォン。この偉大なカピターノの後任は、現在ユベントスの第2GKであるヴォイチェフ・シュチェスニーが務めるとされている。

とはいえブッフォンが去ることで空く一枠に、ジェノアのゴールマウスを守るペリンを引き入れる可能性があるようだ。イタリア代表として各年代でのプレー経験がある同選手は、将来を嘱望されたGKの一人でもある。

今季はジェノアのキャプテンとしてチームを牽引。第36節終了時点でリーグ11位と、プロビンチャ(地方の中小クラブ)の躍進に大きく貢献している。

ユベントスは、同選手に対して1200万ユーロ(約16億円)で交渉に挑むとされているが、ジェノア側は最低でも2000万ユーロ(約26億円)の評価額を付けていると『Corriere della Sera』は伝えている。

また、このジェノアの若きGK獲得にはナポリも名乗りを上げているとされており、ここでも熾烈(しれつ)なレースが繰り広げられることになるかもしれない。さらに、ミランGKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)への関心も未だささやかれている。

ビアンコネーロの一員としてシュチェスニーとポジションを争うGKは誰になるのか。前任者が偉大な“No.1”ジャンルイジ・ブッフォンなだけに、今後の展開への興味は尽きない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 文句無しでシュチェスニー正GKで控えはコンシーリ、ミランテ等で良いよ。

    11+

  • 本当に獲る気なんですかね?
    シュチェスニーはもう準備万端ですし、ここで競わせるってのは何か違う気がします。
    ペリンは怪我も多いですし、完全に2ndならそれはそれで贅沢すぎますし、そもそも優先すべき補強箇所は他にあるような・・・。
    2ndGKにお金を掛けられるって事は既にジャン獲得が決まってるんでしょうけど。

    10+

  • イタリア人ってところは良いと思うけど、シュチェスニーをメインで使わないと可愛そうだしもし来たら起用法に注目だね

    12+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。