ピアニッチ、天王山のナポリ戦を欠場の可能性も | ユベントス・ジャーナル

ピアニッチ、天王山のナポリ戦を欠場の可能性も

image@Suara Merdeka

前節サンプドリア戦での負傷が影響か

ユベントスのMFミラレム・ピアニッチは、次節のセリエA第33節クロトーネ戦と、34節ナポリ戦に欠場する可能性があるようだ。

17日、イタリアメディア『La Gazzetta dello Sport』が伝えている。

この元ローマのミッドフィールダーは、前節サンプドリア戦の前半で、自ら不調を訴えピッチを後にしている。

同メディアが報じるには、ピアニッチは昨日のトレーニングを休んでおり、次節アウェイの地クロトーネへ帯同しない見込みのようだ。

また、重症を負ったわけではないようだが、100%のコンディションでなければ、ナポリ戦も欠場させる可能性がある模様。

ユベントスは、35節にもイタリアダービー(インテル戦)と、2試合連続の上位対決を控えていることや、シーズン終盤に向けたスクデットレース及びコッパ・イタリア決勝を控えていることから、次節やナポリ戦でのリスクを避けようと考えているようだ。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。