マテュイディ「このチームを誇りに思っている」 | ユベントス・ジャーナル

マテュイディ「このチームを誇りに思っている」

image@Onefootball Français

すでに欠かせない存在に

ユベントスのMFブレーズ・マテュイディは、今シーズンよりビアンコネーロのシャツに袖を通している。このフランス代表MFは現在の所属チームを誇りに思っているようだ。16日、クラブ公式TV『JTV』でコメントした。

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリー戦2ndレグにおいて、イタリア王者は大会連覇中の王者と激闘を演じた。

この試合に先発フル出場を果たし、71分には2戦合計同点となる得点を記録。ユベンティーニにのみならず世界中を熱狂させた。

マテュイディはCLレアル・マドリー戦を「チーム全員が諦めない姿勢、そして誇りをみせてくれた。我々が成したことは偉業に近かったが、残念ながら成功しなかった」とふり返る。

しかしながら「このチームを誇りに思っている」とエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで3-1で勝利したことに満足感を示している。

マテュイディはユベントスに加入後、ハイパフォーマンスを披露。この活躍により再びメガクラブに追われる存在になったが、来シーズンも欠かせない存在として活躍を期待したい。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。