ユベントス、フィリペ・ルイスにオファーか | ユベントス・ジャーナル

ユベントス、フィリペ・ルイスにオファーか

image@www.marca.com

代理人はユベントス移籍を示唆

アトレティコ・マドリー所属のSBフィリペ・ルイス(32)は今夏にユベントスへ移籍する可能性があるようだ。13日、イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』が伝えている。

昨夏からSBアレックス・サンドロ(27)の退団が噂されており、ビアンコネーロは左サイドバックの強化が必要とみられる。その新たな獲得候補にかつてチェルシーにも在籍していたこのブラジル代表の名前が挙がった。

代表を率いるチッチ監督にも高く評価されている同選手ではあるが、3月に左足の腓骨(ひこつ)を骨折。復帰時期は最低でも5月中旬以降と長期離脱を余儀なくされており、ワールドカップ・ロシア大会出場が危ぶまれている。

フェリペ・ルイスの代理人を務めるホルヘ・メンデス氏は、同選手が今夏にロヒブランコスを退団する可能性があることを示唆している。アトレティコとの契約は2019年まで残っているものの、ユベントス移籍が実現するかもしれない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • フェリペ・ルイスは現役セレソンで、イタリア国籍持ってるってのは大きいと思うけど、エブラの時みたいに格安やフリーならともかく、この年齢でそこそこするならちょっと…って感じ。
    サンドロはまだ残して欲しい。

    0