ピアニッチ、マドリーとの2ndレグを見据え「どんなことでも起こり得る」 | ユベントス・ジャーナル

ピアニッチ、マドリーとの2ndレグを見据え「どんなことでも起こり得る」

image@plungeinto.com

ユーベ中盤の要が試合を分析「少なくとも1点は決まっていても可笑しくなかった」

ユベントスの司令塔MFミラレム・ピアニッチは、累積警告によりUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8レアル・マドリー戦の1stレグを欠場。ホームで0-3という厳しい試合の展開をピッチの外から見届けた。

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のファンタジスタは、「結果には失望した」と敗戦を振り返りながらも、「監督が話すように我々は前進しなくてはいけないし、まだ2ndレグが残っている」と、気持ちを切り替えて目標に挑む姿勢を貫いている。5日、イタリアメディア『Sky Sport 24』のインタビューで語った。

「明らかに困難を極める戦いだ。今は土曜日のベネヴェント戦のための準備をしている。それからマドリードでの困難な挑戦に挑む。決して諦めることはない。サッカーは、どんなことでも起こり得るからね」と、最低でも3得点が必要となる敵地サンティアゴ・ベルナベウでの戦いに向け、意志の強さを見せている。

さらに試合を振り返ったピアニッチは、「試合開始からすぐの失点が効いたね。あれは避けられるものだった」と、開始早々の失点を嘆いた。

また「我々は素晴らしいプレーをしていたし、チャンスはあった。何度かゴールに迫ったものの、彼らのGKもまた好セーブを見せた。少なくとも1点は決まっていても可笑しくなかったが、ボールがゴールに入りたがらなかったね」と、勝利のために健闘したチームメイトたちを擁護している。

1 2
Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • どんな理由でありにしろマドリーはほぼスタメンメンバー出来てユーベはスタメンメンバーでできなかったのがここまで惨敗に繋がったのかもしれない。マドリーはパリとやっても誰ひとり欠いてないし。

    10+

  • ピャニッチが出れなくなった時の選手が必要だね
    ベンタンクール、ボールの配給上手くなってほしい

    16+