デル・ピエロ「ブッフォンの引退? 私は知らない」 | ユベントス・ジャーナル

デル・ピエロ「ブッフォンの引退? 私は知らない」

image@FC Goa – Goalzing

「情熱がなくなったら引退しなければならない」とも

ユベントスの伝説アレッサンドロ・デル・ピエロ氏は、ユベントスとイタリア代表でともに戦った盟友ジャンルイジ・ブッフォンについて言及した。5日、イギリスメディア『Sky』が伝えている。

現在40歳のブッフォンは、先日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー戦で3回、ネットを揺らされており惨敗劇の戦犯の1人とされている。2001年にビアンコネーロに加入から17年、これほど批判の矢面に立たされたことも記憶にないはずだ。

ブッフォンの前に主将としてユベントスを牽引したデル・ピエロ氏は2011/12シーズン終了後にビアンコネーロのシャツを脱いだ。ユベントスのレジェンドは、記者にブッフォンについて問われると「引退? 私は知らない」と突き放す。

だが、「彼のようなチャンピオンは、サッカーへの情熱を失ったときには引退しなければならない」と自身の経験を踏まえ、手厳しいコメントを口にした。今シーズン限りでの引退を口にしているブッフォンだが、盟友のコメントをどのように解釈するのだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • いやわりとデルピエロの言う通りよ
    落ち込んでくれる分にはいくらでも落ち込んでくれて構わないけど、情熱が冷めてしまったらもう引退するしかない

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。