CLベスト8で古巣と対戦のジダン「ユベントスは避けたかった」 | ユベントス・ジャーナル

CLベスト8で古巣と対戦のジダン「ユベントスは避けたかった」

image@FourFourTwo

昨季のファイナリスト同士が対決

レアル・マドリード指揮官のジネディーヌ・ジダンが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8の抽選後のインタビューで、古巣ユベントスについて触れた。17日、スペインメディア『Football ESPANA』が伝えている。

ユベントスはCLベスト8でレアル・マドリードと戦うことが決まっている。

現役選手時代、ユベントスでその才能を開花させ、ワールドクラスの選手へと成長したジダンは「ユベントス?私はそこに5年間いた。ユベントスは自分にとって非常に大切なクラブだ。正直にいうと、ユベントスとだけは戦いたくなかった。自分の心の中には、まだユベントスがいる」

「理由はそれだけではない。ユベントスは戦い方を知っているクラブで、彼らを負かすことは複雑で難しい、など理由はいくつかある。いつものように勝率は50%だ。これまで培った全ての経験をこの試合にぶつけるつもりだ。まずは1stレグをユベントス(アリアンツ)・スタジアムで戦い、様子をみたいと思っている」

ユベントス vs レアル・マドリーの試合は、現地時間で4月3日に1stレグが行われ、4月11日に2ndレグが予定されている。直近19回の対戦成績はユベントスが8勝、レアル・マドリーが9勝、そして2ドローとなっている。また、トリノで行われた7試合の内、ユベントスが6勝していることは特筆すべき点だろう。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。