モウリーニョ「ユベントスはいつだってユベントス」 | ユベントス・ジャーナル

モウリーニョ「ユベントスはいつだってユベントス」

image@Daily Star

元ライバルクラブに対し、皮肉まじりのような言い回しも

元インテルの指揮官であり、現マンチェスター・ユナイテッドの指揮官であるジョゼ・モウリーニョが、現在のインテルとユベントスについて触れた。12日、イタリアメディア『Rai Sport』が同監督のコメントを伝えた。

「インテル?受け入れなければならないことだが、しばらくトロフィーから離れているね。私は今でもインテルのファンだよ。だから、この結果は悲しいね。だけど、ユーべにも同じような時期があったし、永遠に勝ち続けることなんてできないさ」

ユベントスはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16でトッテナムと戦い、敵地ウェンブリーで2-1と勝利し、次のステージへの進出を決めている。

これに対し、「ユベントス?彼らはいつだってユベントスだ。トッテナム戦では、多くの人がユベントスの勝利を予想していなかった。だけど、彼らはトッテナムを打ち負かせることができた」

「ベスト8でユベントスと対戦?それよりも先に我々は(CLベスト16の2ndレグで)セビージャに勝つ必要がある」と、前大会ファイナリストの敗退を予想していたようだ。

インテルで三冠を達成したことがあるモウリーニョ監督は「再びイタリアでの指揮?希望はしていないし、イタリアでの指揮に情熱を感じない。それに今のイタリアには素晴らしい指導者たちがいるからね。だから必要ないだろう」と、もうイタリアでの指揮は望んでいないようだ。

Share Button