ユーベ、エムレ・ジャン巡りレアル、バイエルンと激しい争奪戦か | ユベントス・ジャーナル

ユーベ、エムレ・ジャン巡りレアル、バイエルンと激しい争奪戦か

image@www.kickoff.com

本人は去就について触れず

ユベントスはリバプールのMFエムレ・ジャン(24)を巡り、依然として他国のビッグクラブと水面下で激しい争奪戦を繰り広げているようだ。12日、イタリア紙『TUTTO SPORT』が報じている。

このドイツ代表は今夏にリバプールとの契約が切れるものの、今のところ契約更新の動きを一切見せておらず、今夏でのクラブ退団が既定路線であるとイタリアやイギリスの複数メディアが再三に渡り伝えている。しかしエムレ・ジャンの去就が引き続き不透明である理由として、どうやらレアル・マドリードとバイエルンがここに来て獲得に乗り出していることがあるようだ。

今季ラ・リーガで不振に喘ぎ、タイトル獲得の可能性がビッグイヤーに絞られているレアル・マドリードは、今年9月に33歳を迎えるMFルカ・モドリッチの後釜としてエムレ・ジャンをリストアップしている模様。また、エムレ・ジャンがキャリアをスタートさせたクラブであるバイエルンも能力を高く評価しており、呼び戻しを試んでいるようだ。

それでもユベントス首脳陣に、かねて動向を追い続けていたこの中盤のユーティリティープレーヤーの争奪戦から手を引く考えが一切ないことは自明の理である。今夏の“人気銘柄”として注目を集めているエムレ・ジャンだが、本人は来季以降の去就に関して全く言及しておらず、獲得レースは長期戦の様相を呈しているようだ。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 仮にユーヴェ来ても、活躍したらフンメルスみたいにバイエルンのユース出身だからバイエルンに帰っちゃいそうで嫌だなー。獲れるかわからないけど。

    6+