CLベスト8進出のアッレグリ「このチームのことを誇りに思う」 | ユベントス・ジャーナル

CLベスト8進出のアッレグリ「このチームのことを誇りに思う」

image@Ouest-France

忍耐強く守り続けた選手たちを称賛

ユベントスのアッレグリ監督が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16・2ndレグのトッテナム戦後のインタビューに答えた。イタリア各メディアが伝えている。

ホームで行われた1stレグを2-2で終えたユベントスは、今節の2ndで勝利か3-3以上の引分けが必要だった。結果、相手に先制ゴールを許しながらも“2人のエース”のゴールで2-1と劇的逆転勝利をおさめている。

この結果にアッレグリは「勝利に値するクオリティだった」とチームを称賛し「(トッテナムホームの)ウェンブリーでの勝利は非常に大きな結果だ。タイミングを誤ることなくアプローチをかけ、忍耐強く戦った」と勝利を喜んだ。

後半からMFアサモア、DFリヒトシュタイナー、MFストゥラーロを投入したユベントスは、この采配が好を成し、試合の流れを大きく引き寄せることになった。

「選手たちはとても大きなモノを勝ち取った。(試合の流れを変えるために)異なる特徴の選手たちを投入した。アサモアの動きは驚くほど良かった。きっと彼のキャリアの中でも最高峰のパフォーマンスだっただろう」

「リヒトシュタイナーはケディラと共に良い仕事をした。選手たちには疲労の様子がみえたが、もっとスペースを作る必要があったからね」

「私は時折失敗をして、その度に修正しようとトライする。今はこのチームと共に進めることを誇りに思う」

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • たった3分で試合をひっくり返しまったな。ミラクル!

    9+

  • リヒトもアサモアも本当によかった
    リヒトは年齢的に厳しいかもしれないけどアサモアは契約延長してほしい

    9+