アッレグリ「我々にとって決勝戦のような戦い」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「我々にとって決勝戦のような戦い」

image@www.juventus.com

「この試合は、コンディションに関係なく力を発揮する重要で素晴らしいもの」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ndレグ、トッテナム・ホットスパー戦を前に記者会見に挑んだ。6日、クラブの公式サイトやイタリアメディアが同監督のコメントを報じている。

「(ゴンサロ)イグアインはプレーするだろう。それから(パウロ)ディバラもね。この試合は、コンディションに関係なく力を発揮する重要で素晴らしいものだ」

「2016年のミュンヘンでの試合? 我々は特徴の違う選手達を擁している。あの時のバイエルン戦とは異なることをしなければいけない」

さらにアッレグリ監督はトリノでの1stレグを振り返り、2ndレグに向けて自身の見解を示している。

「彼ら(トッテナムの選手達)を困難に陥れるために、我々はテクニカルな面でしっかりとプレーをする必要がある。相手は我々よりもプレッシャーを感じているだろう。ユーベにとっては、この試合ですべてが決まる決勝戦のような戦いだ」

「トリノで2−2と、彼ら(トッテナム)が有利に立っている。しかし我々は落ち着いて、そして1stレグよりも良いプレーをしなくてはいけない」

「明日(日本時間8日未明キックオフ)は、多くのスペースと、プレーの可能性があるだろう。守備の局面で上手く対処することが必要だ」

また指揮官は、多数の怪我人を抱える現状を懸念している。

「我々のベンチには、交代のオプションが少ない。延長戦に突入しないようチャレンジしていかなくてはならない」

聖地ウェンブリー・スタジアムのピッチで、知将アッレグリが思い描く試合プランを実行できるだろうか。ベスト8を懸けた決戦の火蓋が切って落とされる。

Share Button