ルガーニ、ラツィオ戦における劇的勝利の重要性を説く | ユベントス・ジャーナル

ルガーニ、ラツィオ戦における劇的勝利の重要性を説く

image@www.calciomercato.com

「最後まで戦い抜く精神こそが我々の強み」

ユベントスのDFダニエレ・ルガーニ(23)はセリエA第27節・ラツィオ戦の結果を踏まえ、最後まで戦い抜く姿勢の重要性を再認識しているようだ。6日、イタリアメディア『JTV』が伝えている。

このユベントスの未来を担う23歳はラツィオ戦での劇的勝利を通じ、ユベントスが本来のあるべき姿を取り戻しつつあると感じているようだ。

「あの一戦がスクデット争いにおいて決定的となるのかどうか分からない。まだシーズン終了まで長い道のりが待っている。しかしナポリがローマに敗戦を喫したこともあり、この勝利は非常に大きな意味を持つ」

「今、我々は本来の姿を取り戻しつつある。ディフェンダーのみならず、フィールドプレーヤー全員による組織的かつ強固な守備は我々の特徴だ」

「最後まで戦い抜く精神こそが我々の強みである。それは言葉のみならず我々のDNAに存在する。守備面で我々を苦しめ、カウンターで危険な場面を作り出したラツィオとのタフな試合において、この強みを示したのだ」

またルガーニは日本時間8日未明に控えているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16・2ndレグのトッテナム・ホットスパー戦について、以下のような見解を示している。

「ディティールの部分が勝敗の分かれ目となるだろう。自陣の低い位置で守備ラインを敷いていたラツィオとの一戦より、オープンな試合展開になると考えている」

「勝利するためには素晴らしいパフォーマンスが必要だ。我々は100%以上の状態で臨まなければならない」

今季2度も負かされている”天敵”から3ポイントを獲得し、スクデット7連覇へ一歩前進したユベントス。指揮官マッシミリアーノ・アッレグリのプラン通り、この3月にチーム全体の完成度が高まりつつあり、3冠へ向けて確かなる手ごたえを感じているに違いない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • いや本当にこれはスクデットへの一歩だと思う。
    インモービレに決めさせなかったのは本当に大きいよ。

    2+