英メディア「スパーズにとってディバラ復帰はバッドニュース」 | ユベントス・ジャーナル

英メディア「スパーズにとってディバラ復帰はバッドニュース」

image@www.footmercato.net

「100%に回復した場合、良いニュースを綴ることはできない」

ユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)1stレグで勝利に等しい2-2に引き分けに持ち込んだトットナム・ホットスパー(スパーズ)だが、ビアンコネーロの「宝石」の復帰はバッドニュースのようだ。17日、イギリス紙『SUN』が伝えている。

ビアンコネーロの「宝石」ことFWパウロ・ディバラが合同練習に復帰し、今夜のトリノダービーにも出場が期待されている。このニュースは海を越え、スパーズを率いるマウリシオ・ポチェッティーノを悩まされているようだ。

同紙は、ディバラは今シーズンの公式戦19試合に出場し、14得点と3アシストを残している。現在ユベントス伝統の背番号「10」の活躍はセリエAの首位争いに大きく貢献していると報じている。

さらに「ディバラはユベントスのいくつかの攻撃のポジションで任せられ、24歳のプレーヤーは同胞FWゴンサロ・イグアインとCFまたはSTとして出場したとき、真価を発揮する」と分析。

極めつけは「ディバラがスパーズとのCLで100%に回復した場合、クラブの歴史上2回目となる準々決勝進出を望んでいるポチェッティーノにとって、良いニュースを綴ることはできない」と報じている。

今夜のトリノダービーでディバラが出場するかは未だ未定だが、背番号「10」の戦線復帰はユベントスにとっては限りない朗報だが、スパーズにとってはバッドニュースとなっているようだ。

Share Button