アッレグリ「次回は1発勝負だ。勝利を狙う」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「次回は1発勝負だ。勝利を狙う」

image@Sportal.it

「ユベントスには必要なものはすべて揃っている」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリは2-2のドローゲームで終えた、UEFAチャンピオンズリーグベスト16トッテナム・ホットスパー(スパーズ)戦1stレグを振り返った。13日、イタリアメディア『Mediaset Premium』が伝えている。

アッレグリは「良い試合だった。スパーズのプレッシャーは素晴らしかった。そして戦術的にもテクニカルなチームだった」と相手を称賛。その一方で「我々はいくつかのミスを犯した。(ジャンルイジ)ブッフォンのセーブは別として、彼らのチャンスは少なかったはずだよ」

「この試合、いくつかの困難を抱えるのは想定内だった。2-0にした後、私たちは守備的になってしまい、そのため彼らのパフォーマンスを助けてしまった」とボール支配率33%の試合内容をふり返る。

「我々は3-0にするチャンスを逃し、PKも失敗した。試合を自ら困難なものにしてしまった。だがこれはCLだ。負けが決まったわけではない。次回は1発勝負だ。勝利を狙う」と1stレグの出来には満足感を示さなかったものの、2ndレグの勝利を誓った。

「我々が勝利できなかったことは残念だ。だが、ユベントスが準々決勝に進むために必要なすべてのものが揃っている。これからチームが進歩するために必要なすべてを尽くす」とビアンコネーロの指揮官の視線はすでに上を向いている。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 痛恨の引き分けだったと思いますが、負けたわけでもないですし、アウェーゲームで勝つだけの力はあると信じてます。 失敗を糧にできるチームのハズだ、ユベントスは。

    4+

  • 頼みますよ。2ndは結果はどうあれカウンター主体ではなく普段通りの攻撃をしてほしい。
    得点力はリーグで証明しているのに、世論は欧州の舞台では守り一辺倒の印象で書かれた記事が多いのが悔しい。
    実際それを体現するような試合だったので普段セリエを見ない輩が増長しているのが尚更悔しい。
    ユーヴェのどの選手も一線級のタレント達なので信じて2ndを応援します!

    10+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。