アッレグリ「クリーンシートで終わることはないだろう」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「クリーンシートで終わることはないだろう」

image@www.juventus.com

「ユベントスは大きく成長している」とも

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)トッテナム・ホットスパー戦1stレグの前日会見に出席した。12日、UEFA公式ほか、各メディアが伝えている。

アッレグリは「クリーンシートで終わることはないだろう」と激戦を予想。そして「明日は非常にバランスのとれたチーム同士の対戦だ。50-50(フィフティ・フィフティ)の対戦となる。明日は細部にまで非常に注意しなければならない」と警戒心を強めている。

「我々は、彼らの資質や特性を高めさせないようにプレーする必要がある。スパーズは”物理的”なチームだ。我々は”頭”を酷使しなければならない。それはロンドンでの2ndレグでも変わらない」と心理戦になることを予想。

「ユベントスは大きく成長している。とくに欧州の舞台で自信を深め、重要な成果を収めている」と3シーズンで2回のファイナリストになったことを誇る。その一方で「私はレアル・マドリードが近年、ユベントスよりも優れている唯一のチームだと常に言ってきた」

「バルセロナ、バイエルンミュンヘンのようなチームと比較されることはユベントスの歴史にとって当然のことだ。準々決勝、準決勝、さらにはファイナルでプレーすることも大事だが、おかしなプライドを持つことは禁物だ」と目の前の敵を打ち負かすことのみを訴えた。

1 2
Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。