古巣相手にゴールのベルナルデスキ「ユーベサポの為にゴールを祝った」 | ユベントス・ジャーナル

古巣相手にゴールのベルナルデスキ「ユーベサポの為にゴールを祝った」

image@beIN SPORTS

「ヴィオラサポへの敬意を欠くつもりはない」とも

ユベントスのWGフェデリコ・ベルナルデスキが、古巣フィオレンティーナ戦後のインタビューにてコメントしたことを10日『Sky Sport Italia』が伝えている。

同節を先発出場したベルナルデスキは自ら獲得したFKを決め、貴重な先制点を叩き出している。敵地で自身のゴールを喜んだが、古巣相手なだけに激しいブーイングを浴びせられていた。

「プロなら自分の信念をもち、ひたすらそれを追求しなければならない。(自分のことを)批判する人もそうでない人もいるが、気にしてはいけない。自分は今ユベントスの選手であって、所属クラブのサポーターは大切にしたいと思っているし、彼ら全員のことをリスペクトしているよ」

「だから、ユベントスのファンのために私はゴールを祝った。フィオレンティーナのサポーターにも感謝しているし、彼らのお陰でこれまで成長できたと思っている。お世話になったクラブに対し敬意を欠くつもりは全くないよ」

ディバラ不在の中、FKを決められる選手が複数いることは心強いだろう。今後もベルナルデスキの積極的なプレーに期待したい。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。