イグアイン「遅かれ早かれトリプレッタをしなければならなかった」 | ユベントス・ジャーナル

イグアイン「遅かれ早かれトリプレッタをしなければならなかった」

image@www.perfil.com

ユベントス加入後、初のハットトリック

セリエA第23節サッスオーロ戦でユベントスのFWゴンサロ・イグアインはトリプレッタ(ハットトリック)を達した。ビアンコネーロに加入後、初の記録となる。4日、イタリアメディア『Rai』が伝えている。

イグアインは「遅かれ早かれトリプレッタをしなければならなかった。私にとって美しい瞬間で、私は非常に誇りに思う」とこれまでを振り返り「我々は素晴らしい仕事をして、素晴らしい試合をした」とサッスオーロ戦を振り返った。

ユベントスの居心地について問われると「私は幸せだ。落ち着いて仕事をしている。我々はこの状態を今後も継続していかなければならない」と、ときに批判に苛まれながらも、ビアンコネーロでのキャリアに満足感を示している。

「我々は重要な結果を得ている。今は金曜日(フィオレンティーナ戦)のことに考えている」と、目の前の試合のみを考えているようだ。2016年にユベントス加入後、初のトリプレッタを達成した背番号「9」の活躍に今後も期待したい。

Share Button