新星FWハンの代理人「ユーべは最終日までハンの獲得に動いていた」 | ユベントス・ジャーナル

新星FWハンの代理人「ユーべは最終日までハンの獲得に動いていた」

image@Vistanet

北朝鮮のヤングスターはカリアリにレンタルバックの道へ

ユベントスはカリアリの新星FWハン・グァンソン(19)の獲得に向け、冬のメルカート最終日まで交渉していたようだ。1日、イタリアメディア『TuttoJuve』が代理人のコメントを伝えた。

今冬メルカートの最終日にペルージャからカリアリに戻ることになったハンの代理人は「ユベントスとカリアリと共に交渉の場を設けた。そしてその場にはマロッタ、パラティッチ、(カリアリ会長の)チェッリーノ、ジョバンニ・ロッシらが同席していた」とメルカートに関する動きがあったことを認めている。

また、「メルカート最終日であったが、多くのオファーがあった。(結果的に)ハンはカリアリに戻ることになり満足しているよ。これからもきっと活躍できる」

「他にもナポリが興味を示していたが、ユベントスほどではなかった。最後まで本気で彼の獲得に動いたのはユーべだけだったね」とユベントスはクラブ史上初となるアジア人の獲得に迫っていたようだ。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ハンもいいけど、移籍金は高いがバレッラ取ってほしい。イタリアの若手で一番可能性を感じる。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。