難敵ジェノアに1−0で勝利! 公式戦7連勝で首位ナポリを猛追 | ユベントス・ジャーナル

難敵ジェノアに1−0で勝利! 公式戦7連勝で首位ナポリを猛追

image@Twitter

コスタの先制点を守りきる

セリエA第21節ジェノア戦がアリアンツ・スタジアムで行われ、ホームのユベントスが1−0で勝利を収めた。

ウィンターブレイク明けの一戦は“連休明け”を感じさせない動きでジェノアを圧倒する。3分、MFミラレム・ピアニッチが一連の攻撃の流れからゴールを狙うが枠を狙うが、捉えることができない。

さらに5分にもMFブレーズ・マテュイディのロングパスにFWマリオ・マンジュキッチが反応。中央に走り込んだFWゴンサロ・イグアインが巧みにスルー、MFサミ・ケディラが合わせるが、こちらも枠を捉えられない。

そして8分にはイグアインが得たFKをピアニッチが狙うが、相手GKの好守によって凌がれる。試合の主導権を握りたいユベントスは16分、RWGドウグラス・コスタがカットインから粘り、左サイドのFWマリオ・マンジュキッチへ。

テクニカルなグラウンダーのパスをゴール前に送ると、中央に走りこんだコスタが綺麗に合わせ、先制に成功する。直近5試合連続無失点だったジェノアのゴールを見事こじ開けてみせた。

さらに構成を強めるビアンコネーロは、23分にも攻撃の流れからピアニッチがPA外から狙うが、またしても相手GKの好守に阻まれる。その後は連携面で不備がみられ、決定的な場面を作ることができず前半は終了した。

しかしDFジョルジョ・キエッリーニとDFメディ・ベナティアが集中した守備をみせ、ジェノアの攻撃を見事シャットアウト。枠外シュート1本に抑える好守をみせ、後半を迎えた。

1 2
Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • イグアインはこのままでいいのか?
    ワンパターンの攻撃スタイルが改善されてないのが不安材料

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。