ユーべ、カリアリの“至宝”獲得に意欲か。既に代理人と接触済とも | ユベントス・ジャーナル

ユーべ、カリアリの“至宝”獲得に意欲か。既に代理人と接触済とも

image@Il Post

ミラノで会談済みか

ユベントスが、カリアリの“至宝”MFニコロ・バレッラ(20)の獲得に強い意欲をみせているようだ。11日、イタリアメディア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。

ユベントスのマロッタGMとパラティチSDは、昨日ミラノを訪れており、そこでリバプールのMFエムレ・ジャンとの契約について話したとされているが、その後バレッラについても会談を行ったようだ。

「ユベントスはエムレ・ジャンの交渉の後、有望な若手を探しており、カリアリのバレッラに強い関心を示している。そして、ビアンコネーロはミラノでカリアリ及びバレッラの代理人とも話をした」と同メディアは伝えている。

今冬にインテルが同選手の獲得に向けて交渉していたようだが、金額面で折り合いがつかず破談とも伝えられていた。カリアリ側がバレッラを高く評価しており、同クラブ会長は「5000万ユーロ以上のオファーなら、断ることはできない」と高額を要求している。

イタリアU-21の代表も務めるバレッラは、カリアリで司令塔としてプレーし、クラブの“至宝”と呼ばれるほど成長。白黒のユニフォームに袖を通し、カリアリの “至宝”からユベントスの“至宝”へ変わることになるのだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 5000万とはいっているけど実際は2500から3000万くらいで成立するのではと書いてるメディアもあったのは見かけた

    4+

  • バレッラに5000万なんてPSGやManchester勢でも出さないと思うよ
    この選手は高くて半額くらいでしょ…

    10+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。