ジャンの心はユベントス一択か。 多数のオファーを拒否 | ユベントス・ジャーナル

ジャンの心はユベントス一択か。 多数のオファーを拒否

image@IBTimes UK

拒否した中にはドイツの盟主の名も

現在リバプールに所属するMFエムレ・ジャンは、来夏にはユベントスに加入する“予定”となっている。しかし、正式なサインを行っていないドイツ代表MFには未だ多数のオファーが届いているようだ。9日、イギリスメディア『Sky』が伝えている。

報道によれば、現在プレミアリーグの首位を独走するマンチェスター・シティはジャンを未だ諦めてはいない。そしてドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンも獲得を熱望している。ドイツ人にとって唯一無二のクラブだが、これらのオファーをジャンは拒否しているようだ。

また、同選手は「ユベントスのユニフォームを着用することを望んでいる」とも伝えている。果たして、来夏にはビアンコネーロのユニフォームを纏(まと)うジャンの姿を“無事に”見ることができるのだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。