ベシクタシュがマンジュキッチ獲得を熱望か | ユベントス・ジャーナル

ベシクタシュがマンジュキッチ獲得を熱望か

image@besthqwallpapers.com

ユーべのハードワーカーをトルコ王者が狙う

トルコのベシクタシュJKが、ユベントスのFWマリオ・マンジュキッチ(31)の獲得を熱望していると、イタリアメディア『Tuttomercatoweb』が10日に伝えた。

同メディアによると、トルコ王者がマンジュキッチの獲得に強い意欲を見せているようだ。その背景には、今冬からベシクタシュに加入したクロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダの存在があるようだ。

同郷のヴィダが、クラブに対しマンジュキッチの獲得を推し、クラブも以前から関心を示していたため、今冬の獲得に動いている模様。また、ベシクタシュが今月にFWシェンク・トスンをエヴァートンへ売却し、その後釜を探していることも理由の一つだという。しかし、ユベントス側は難色を示しているとのこと。

これからハードな後半戦が始まろうとする時期に、クラブがNo.1ハードワーカーを放出するとは考え難いだろう。

Share Button