ユーべ、ポルト18歳SBの動向を引き続き注視 | ユベントス・ジャーナル

ユーべ、ポルト18歳SBの動向を引き続き注視

image@www.noticiasaominuto.com

高額の契約解除金を嫌い今冬の獲得は見送りか

ユベントスはどうやらポルトのDFディオゴ・ダロト(18)獲得に向けて動きを見せているようだ。9日、イタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

この右サイドを主戦場とするヤングスターは、今季はポルトのBチームで公式戦22試合に出場し4ゴール4アシストをマークしているほか、昨年10月には国内カップ戦でトップデビューを飾っている。

その将来性豊かなダロトにかねて興味を示しているユベントスは、ポルトBチームの公式戦にスカウト陣を派遣した模様。昨年11月にはダロトの代理人に接触したと伝えられており、このポルトガルU-21代表の獲得に動いているものとみられる。

しかしポルトはダロトの売却に応じない姿勢を見せている。クラブとの契約自体は来季終了後に切れるものの、2000万ユーロという高額の契約解除金が設定されており、ユベントスはこの契約解除金全額の支払いに難色を示す形でこの1月での獲得は見送るようだ。

ユベントスの補強ポイントである右サイドバックを巡っては、DFステファン・リヒトシュタイナー(33)の去就が不透明であることに加え、アタランタのDFレオナルド・スピナッツォーラ(24)やサッスオーロのDFポル・リロラ(20)の今季終了後復帰により、大幅な若返りが図られることは周知のとおりである。果たして来季以降、ダロトも含め誰がユベントスの右サイドバックを担うのだろうか。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • こういった慎重なマネージメントはユベントスらしいですが、今回はなぜかヴェラッティの件を思い出しました。
    あのときも、18歳に1500万ユーロで手を引いたんですよね‥。
    まぁ、現状のマネージメントや若手選手の獲得はギャンブルという事を考慮すると、全然納得してますが。

    4+

  • スピナッツォーラは右利きだけど、右SBは出来ないんですかね?

    SBは世界的に希少なのでスピナッツォーラ、リロラはしっかり育てて欲しいです。ベジェリンもいまいちが感じますし。
    若手の囲い込みには賛成ですが、宝の持ち腐れには注意して欲しいです。

    9+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。