アッレグリ「成熟したチームへ」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「成熟したチームへ」

image@Guullane

難敵カリアリ撃破のチームを指揮官が称賛。シーズン後半戦に自信

セリエA第20節アウェイのカリアリ戦で、勝ち点3を手にしたユベントス。指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは日本時間7日(現地時間6日)、イタリア『Premium Sport』のインタビューで試合を振り返りコメントしている。

まず、後半開始早々の50分に右足のハムストリングを負傷し交代を余儀なくされたFWパウロ・ディバラについては、「まだどういった負傷なのかは分からない」と前置きしながらも「彼の調子は良くなっていたから残念だ」と、厳しい表情を見せた。しかし「唯一ポジティブなのは、回復するための時間があること」と、ウィンターブレイクが助けになることを挙げている。

また「カリアリは、とても組織されたチームで、難しい試合になることを理解していた。早い段階でゴールを狙いにいく必要があったね。強度の高い試合だったし、何よりも勝利することが重要だった」と、アウェイで勝ち星を上げたことを喜んでいるようだ。

「我々は、追い掛けてくるチームをわずかに突き放し、ナポリを追跡し続けている。ここまではポジティブな行程を歩んできたね」と、現在の順位を好意的に見ており、「それぞれの目標に全力で取り組む選手たちを祝福しなければならない」と選手達を称えた。

さらにアッレグリは、チームが成長を続け、円熟味を帯びてきたことで自信を示している。

「新たに加わった選手達は成長を遂げ、今はチームに順応ている。シーズン後半戦には、大いに手を貸してくれるだろう。我々は今夜、見事に成熟したチームへと変貌を遂げるその印象を与えたはずだ」

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 勝てて良かった。ディバラ大丈夫かな?2週間ぐらい休みあるから怪我癒えて欲しい。怪我軽ければ良いけど。

    5+