アッレグリ「フットボールを愛する全ての人へ幸せな2018年を」 | ユベントス・ジャーナル

アッレグリ「フットボールを愛する全ての人へ幸せな2018年を」

image@Aoncash

2017年を勝利で終えた指揮官

ユベントスのアッレグリ監督が自身のSNSで、あらゆるフットボール関係者に対し新年の挨拶を行った。

ユベントスは2017年最後の試合をヴェローナと戦い、3-1で勝利している。

「試合に勝利することができ、大きな満足と共に今年に別れを言おう。そしてこのスポーツを愛する全ての人に、チームのために毎週戦っている人に、幸せな2018が訪れることを願おう。例えそのユニフォームの色が何色であっても」とユベントスに限らず、全てのフットボール選手並びに、そのサポーターや関係者に向け、新年を祝った。

2018年は、日本時間1月4日のコッパ・イタリア準々決勝トリノ戦で幕開けとなる。しかし、この試合はイタリア国営放送『Rai』のスタッフがストライキを起こすため、現地では実況や解説無しでの放送になる見込みである。理由は民放の『Mediaset』が2018年ロシアワールドカップの放映権を国内で独占したことに対する運動のようだ。これにより、試合前後での記者会見も実施されないとのこと。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。