4発のユーベ、今季昇格組に貫禄の勝利! | ユベントス・ジャーナル

4発のユーベ、今季昇格組に貫禄の勝利!

image@Twitter.com

「王子」マルキージオが開幕戦以来となる復帰も

セリエA第10節「ソシエタ・ポリスポルティーヴァ・アルス・エト・ラボル2013」ことSPALフェッラーラをアリアンツ・スタジアムに迎えたユベントスは4-1で勝利を収めた。

今シーズンセリエAに昇格したSPAL。ユベントスとは49年ぶりの対戦となった両者はその力の差を感じさせる試合展開で試合が進む。過密日程のイタリア王者は今シーズン初先発となるFWフェデリコ・ベルナルデスキをピッチに送り込む。

すると14分、FWゴンサロ・イグアインのチェイシングが相手DFのミスを誘発。FWパウロ・ディバラのもとに転がってきたボールをWGドウグラス(D)・コスタへ送られるとダイレクトでベルナルデスキのもとへ。

若きイタリア代表FWがコントロールし、放たれたシュートは美しい弧を描きネットに吸い込まれ先制に成功する。この得点で勢いに乗ったユベントスは22分、得意の位置で得たFKをディバラが久しぶりの得点で追加点奪取に成功する。

昇格組にクリーンシートで終えたかったが34分、元ユベントスのFWマルコ・ボリエッロがねばって得たCKから一瞬の隙を突かれ、1点を返されてしまう。

後半に入ってもユベントス優勢は変わらなかったが52分、きわどいドリブル突破からシュートを許すがDFアンドレア・バルザーリが身を呈してブロックし、事なきを得る。

このプレーで与えたCKの流れからネットを揺らされるが、オフサイドとなり事なきを得る。しかしこの怠慢な流れを変えたいマッシミリアーノ・アッレグリ監督は即座に動く。

先制点を挙げたものの、それからミスが目立ち始めたベルナルデスキを56分に下げ、WGファン・クアドラードを投入。59分にはこの試合、これまでほどのインパクトを残せなかったMFロドリゴベンタンクールを下げ、MFミラレム・ピアニッチを投入する。

すると65分、CKの流れからイグアインが豪快に蹴り込み3点目を奪う。選手交代により完璧に調子を取り戻したユベントスは60分、D・コスタのクロスを途中交代のクアドラードがヘディングで押し込み、相手を突き放す4点目を挙げる。

ほぼ試合を決めたユベントスは75分、前節トリプレッタを記録したMFサミ・ケディラを下げ、怪我により戦列を離れていたMFクラウディオ・マルキージオが開幕戦以来となる出場を果たす。

大きな歓声で迎えられた「王子」はさっそく違いをみせる。88分にセンターサークルからアンドレア・ピルロを彷彿とさせる鋭いパスをイグアインに合わせ、ネットを揺らすもののオフサイドの判定。

その後は相手に好機を与えず、試合は終了。CFのイグアインは第7節以来、エース・ディバラは第6節以来となる得点が生まれたこの試合。彼らにとっても、ユベントスにとっても、真の復調を感じさせるものとなることに期待したい。

著者/Juventus Journal 編集部 山口 努

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • ベルナルデスキの1点目素晴らしかった
    イグアインも点を取ったり、マルキージオ復活と
    SPAL戦で良い流れになったと思いたいです

    0