ユーベ、昨季CL獲得賞金でトップに | ユベントス・ジャーナル

ユーベ、昨季CL獲得賞金でトップに

image@www.dailystar.co.uk

過去10年間の収入ではスペインの二強に次ぐ3位

ユベントスは昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)において1位となる収入を収めた模様だ。また過去10年間ではレアル・マドリード、バルセロナに次ぐ収入を手にしているようだ。20日、欧州各国のメディアが伝えている。

イギリスメディア『スカイ・スポーツ』などによると、昨シーズンCL2連覇を果たしたレアル・マドリーは8100万ユーロの大会賞金を獲得。準優勝に終わったユベントスはそれを上回る1億1104万ユーロの賞金を獲得したようだ。

ユベントスは2014/15シーズンと2016/17シーズンにはファイナリストまで勝ち進んだが、ビッグイヤーにはあと一歩手が届いていない。しかし、イタリアウェブサイト『Calcio e Finanza』では、過去10年間の大会賞金収入はユベントスが3位という記事を掲載している。

CL過去10年間のトップはレアル・マドリーの4億6600万ユーロ、2位はバルセロナで4億4900万ユーロ。ユベントスは3位となったが、それでも4億2800万ユーロもの大会賞金を獲得しているようだ。

毎シーズンCL出場を果たしている欧州のビッグクラブに比べ、ユベントスはカルチョ・スキャンダルやチームの低迷によりCL出場が叶わなかった時期もあった。そのことを考慮すれば、驚異的な数字と言えそうだ。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • でも今季ローマとナポリがGL突破したらCLの収入は減っちゃいますね
    来季はCL4枠になるしCL収入に依存しすぎるのも問題かも

    0

  • マーケットプールの割合が多いっていうだけですけどね。イタリアのチームが早々に敗退するから…

    0

  • 素晴らしい復活!!
    今年こそ何がなんでもCL取ってくれ!!
    そしてヨーロッパの盟主に

    0