キエッリーニ「今季は例年に比べ良いスタートだ」 | ユベントス・ジャーナル

キエッリーニ「今季は例年に比べ良いスタートだ」

image@livetvup.com

敗戦後もポジティブに捉える副主将

ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニは、今シーズンは良いスタートを切ったと感じているようだ。次節UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング戦前の記者会見で述べた。

ユベントスはセリエA前節のラツィオ戦で1-2と敗れてしまい、首位ナポリと5ポイント差になってしまったが、どこか煮え切らないままのチームコンディションで前半戦を終えた昨季や、クラブ史上最悪のスタートとも言われた2年前よりも良いと考えているようだ。

「ここ2、3年の中では、良いスタートを切れていると思う。2年前の我々は非常に悪かった。このチームは3月の時点で適切な順位を目指している。決して目の前だけを見ているわけではない。今季のチームにとって最適なものを見つけるには時間がかかるものだ」

ユベントスから14名がW杯予選として代表に招集され、前節はこの代表ウィーク明けの初戦であった。

「言い訳にするつもりはないが、(代表招集が)試合に影響したのは事実だ。ナショナルチームで疲労は確かにあったと思う。ただ、これは事前に分かっていたことだ。それにラツィオは勝利に値した。彼らには素晴らしいプレイヤーがいる」

ユベントスは日本時間19日にスポルティングと戦う。

「我々はベスト16進出を目指している。サプライズが無ければ、99%の確立でバルセロナが1位通過するだろう。スポルティングは(CL抽選方式の)ポッド4の中で最も強いチームだと思う。敬意をもって彼らと戦うが、明日の試合は勝ち点3を取るつもりだ」

確かに近年の中では悪いスタートではないだろう。アッレグリが“追い上げ型”であることは、これまでで証明されてきた。また負傷者に悩まされている反面、期待できる選手が多いため、近年以上に飛躍できるかもしれない。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。
  • 正直ラツィオ戦を見ると……不安で仕方ないですね
    スポルティングはラツィオと同じかそれ以上の強さはあると思いますし

    0