ユーべ、代表ウィーク明けに故障者続出 | ユベントス・ジャーナル

ユーべ、代表ウィーク明けに故障者続出

image@theworldgame.sbs.com.au

マンジュキッチに重傷の恐れ

ユベントスのFWマリオ・マンジュキッチ(31)、DFアンドレア・バルザーリ(36)はワールドカップ欧州予選での負傷を受けて離脱を強いられるかもしれない。8日、『La Gazzetta dello Sport』や『Calciomercato.com』などイタリア複数メディアが伝えている。

イタリア代表に召集されていたバルザーリはマケドニア戦で先発出場したものの、筋肉系に問題を抱えたため前半で退いている。そのバルザーリは今日にも検査を受けるようだ。

そしてさらに懸念されるのがクロアチア代表のマンジュキッチだ。このハードワーカーはフィンランド戦でゴールをあげたものの、足首を負傷した模様。試合後にクロアチアのアンテ・チャチッチ監督(この一戦でのドローを受けて解任)は、マンジュキッチの怪我が重傷である可能性が高いと語っていた。

ユベントスはこのインターナショナルマッチウィーク明けに、難敵ラツィオとの対戦を控えている。その後はUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節スポルティング・リスボン戦と続き、11月上旬までの約3週間で7試合という過密日程が組まれている。

代表ウィーク前にも中盤や最終ラインで複数の怪我人を抱えていたユベントス。この難しい状況でマッシミリアーノ・アッレグリ監督によるメンバーのやり繰りにティフォージは大きな期待をかけるだろう。

Share Button

コメント

*コメントは全て承認制です。確認にお時間を頂くことも御座いますがご了承ください。